メインランド
グループの強み
Advantage

数字で見る
メインランドグループ

バブル経済の崩壊やリーマンショックなどの経済危機の中で数多の企業が洵汰された時代においても、メインランドグループは第一線であり続け、供給戸数を着実に伸ばし成長を遂げてきました。顧客満足度向上を目指し、商品サービス改善に取り組んできた実績をご覧ください。

オーナー数

9000

入居率

98.8

供給戸数

18000室以上

供給戸数ランキング※1

1
2021年3月31日現在
※1 2021年8月発表 株式会社不動産経研究所2020年首都圏投資用マンション供給戸数ランキング

賃貸管理の形態についてマンション購入後も安心の体制

マンション経営は、入居者様がいてはじめて家賃収入があり、定期的な収入を確保できるものです。当社は長い経験から得たノウハウと実績をもとにオーナー様からお預かりした大切な資産を適切に管理し、独自の集客方法でスピーディーに入居者様を募集、そして、賃貸管理形態に応じて入居者様とのトラブルやクレームにも迅速に対応いたします。賃貸管理には大きく3つの形態があります。自主管理は礼金や更新料などの収入も多い分、大家としての業務の手間や責任が伴います。当社では借上契約もしくは集金代行契約でのマンション経営をご提案しております。特に、空室リスクと大家業の面倒な手間から解放される借上契約は、多くのオーナー様から支持を得ております。

  • ※1 入居者様に家賃保証会社をご利用いただく場合は、その限りではありません。
  • ※2 クレーム処理の結果として、オーナー様に一定の関与・費用負担が生じる場合があります。
  • ※3 契約当事者としてではなく、契約・法令等に基づく範囲での対応に限られ、オーナー様が入居者様との賃貸借契約の当事者となるため、最終的な責任と負担はオーナー様に帰属します。
  • ※4 所定の手数料がかかります。

青山メインランドの借上契約
の特長

借上契約を結んでいる期間は、マンション経営で発生するわずらわしい業務から大きく解放されるほか、空室や滞納などが続いても家賃が振り込まれるため、ローンの返済に関する不安も解消されます。

1. 空室時の家賃収入

空室でも家賃が青山メインランドから振り込まれます。

2. 滞納時の家賃収入

入居者に家賃の滞納があっても、家賃が青山メインランドから振り込まれます。

3. 原状回復費の負担なし

入居者が退去する際の原状回復費(貸主負担分)は青山メインランドが負担します。
※メインランドクループ販売物件に限ります。
※エアコンなどの室内付帯設備の修繕費はオーナー様の負担です。

※詳細は貸室賃貸借(借上)契約書・集金代行委託契約書やその他法令に準ずる。

借上契約心配ごとをサポートいたします。

空室でも家賃は青山メインランドから振り込まれます

借上契約とは、お部屋のオーナー様から青山メインランドが借上げ、そのまま貸主として入居者様に転貸する形態のことです。借上契約を結んでいる期間は、マンション経営で発生するわずらわしい業務から大きく解放されるほか、空室や滞納などが続いたとしても家賃が振り込まれるため、ローンの返済に関する不安も解消されます。

設定家賃の約90%で当社が借上げ、毎月オーナー様に賃料を振り込みます。
礼金・更新料収入はありません。2年ごとの契約更新となります。

まもらんど35築35年まで保証する安心のサービス。

エアコンなどの設備によるメーカー保証期間は約1~2年です。電化製品などは、10年程度で不具合が出てくる可能性があり、故障が重なった際は大きな負担増となる心配があります。「まもらんど35」は、オーナー様に手間や急な出費による負担をかけず長期に渡って安定したマンション経営をサポートできる設備保証サービスです。借上契約に付加することで、室内の設備の修理・交換等にかかるメンテナンス費を青山メインランドが負担いたします。

35年間で320万円
の設備修繕費が予想されます。
※各メーカーの耐用年数をもとに計算しています。

「メンテナンスに急な出費がかかる!」
そんなオーナー様の不安を「まもらんど35」で解決します。